集客における文章の大切さ

コンサルタントの中でお客様のホームページを診断調査していると、ほとんどのお客様がコピーライティング(文章構成)が上手く出来ておりません。
10名をコンサルティングすると、そのうちの7名ほどがコピーライティングを学び、文章を書きなおした方が良いと思えるくらいの確立で、皆さん文章が苦手なようです。

例えばですが「スポーツジムをしています。コースはこんな種類です。体験入会お待ちしております。」こんな内容では、集客は出来ません。
そんな内容の宣伝をみて、行きたい!と思う人がいますでしょうか?

集客とは「まったく知らない人を行動させる」ということです。それは簡単なことではありません。
見ず知らずの人に「1,000円ください」と言われて支払う人がいると思いますか?
自分自身ならどうしたら1,000円を支払うかを考えて文章を書く必要があります。

直接会って言葉で伝えることが出来ない分、集客においてコピーライティング(文章)というものは非常に重要なものなのです。

コピーライティング一つで何倍にも集客効果が高まると言われているくらい、文章は大切だということを改めて覚えておきましょう。

アクセス数があっても売れない理由

相談にくるお客様の中には、毎月2000アクセスあるけど商品がまったく売れない・・・という方がいます。
そういった方のホームページを拝見しますと、文章が自身の自己満足な文章になってしまっていたりします。

「安い!すごい効果がある!限定!!買って下さい。」など、訪問したユーザーの目線ではなく、自身の言いたい事のみを書き綴った文章構成になってしまっています。

そうすると、ユーザーは共感できず、少し読んだだけで帰っていってしまいます。

これは、実店舗での営業でも一緒だと思います。
洋服を買いに行ったとして、そこの店員さんが売りたい売りたいといった気持ちで、マシンガントークで商品の良さをPRしてきたとします。
大抵のお客様は、煩いと思い去って行ってしまうと思います。

ホームページ等でも一緒のことが言えます。
つまり、自身の言いたことを書くのも良いですが、ユーザーの視点で、ユーザーの「知りたい」「欲しい」を解決してあげるのが良い文章なのです。

アクセス数があるけれど売れないという場合は、文章が自己満足になってしまっていたり、ユーザービリティ―(読みやすさ、使いやすさ等)が悪くなってしまっているという可能性があります。
一度、お客様の立場になってご自身の書いた文章を読んでみてはいかがでしょうか?

アクセス数ばかりを気にして、本来の商品を売るという部分が疎かになってしまっては本末転倒です。

ぜひ良いコピーライティングを書けるようになってください。

本当に集客が出来て売れる文章とは

実際に商品が売れているホームページというのは、コピーライティングが非常に良く書けています。

コピーライティングの参考として非常に良く出来ているのがテレビショッピングです。
テレビショッピングの構成は、商品が売れるように非常によく考えられて構成されています。正直、あの構成を真似できれば商品は売れると思います。

例えばですが「ダイエット器具です。本当に効果があります。1万円です。」これでは人は行動してくれません。

「今、お腹まわりのお肉に悩んでいませんか?そのお肉は実は内臓脂肪というものなんです。その内臓脂肪を効果的に燃焼させることで1ヶ月で-3cmもお腹がへこみます。それを実現するのがこの器具です。価格は1万円です。今なら送料無料でこちらで購入できます。実際に100名の方が愛用しています。」
このように文章が違うだけで人の行動力は大きく変わります。

極端な例ですが、文章の大切さがわかっていただけると思います。

購買意欲の高い見込み客を集客して、最後に購入まで行動させるのが文章の力です。
その見込み客の悩みをしっかりと解決してあげることで、成約に繋がるということを忘れないでください。「買って下さい」ではなくて「買いたい」と思わせることが何よりも大切なのです。

心理学を活用しましょう

人間の行動にはいくつかのパターンが存在します。
そのパターンを理解して対策をうつのが心理学の一つでもあります。
「こういう人にはこういったアプローチが良い」など、商売の中にも心理学は使われております。

有名なものでスーパーの陳列方法があります。
定番商品は反時計回りに配置されていたり、レジ前に小物を配置していたりと、全ては心理学を活用した陳列となっています。
また、飲食店などで時計を置かないのも、滞在時間を忘れさせて長くいてもらうための心理学の応用と言えます。

もちろんコピーライティングの世界にも様々な心理作戦があります。
例えば、テレビショッピングの良く聞く「芸能人の〇〇も愛用しています」や「既に販売台数〇〇台突破!」なども心理戦の一つです。
もし自分の好きな芸能人が使っていたら欲しくなりませんか?
自分と同じ悩みの人が、その悩みを解決していたら自分を使ってみたいと思いませんか?

そういった心理学を応用した技術が沢山隠されているのが宣伝戦術なのです。

ただ読みやすく綺麗な作文を書くだけではダメなのです。
いかにユーザーの心に響く文章を書くか、いかに欲しいと思うような文章構成にするのか、そういった戦術がコピーライティングには必要なのです。

文章にお悩みの方はぜひご相談ください

もしも、文章の書き方がわからない・・・などのお悩みをお持ちでしたら、ぜひ一度ご相談ください。
本当に集客が出来る文章の書き方というものをお教えいたします。

そんなに難しいことではありません。
お教えすれば誰もが書けるようになります。

相談は無料でお請けしておりますので、お気軽にご相談いただければと思います。