LP(ランディングページとは)

お問い合わせの内容で「LP(ランディングページ)を作って集客したい」という問い合わせがあります。
お話をお聞きしているとLPというものを勘違いされている方が非常に多くいらっしゃいます。
「LPを作れば安く済んで集客も出来る」と考えている方がいるのですが、それは間違った考え方です。

まず、LPとはどういったものか。
簡単にご説明しますと、1ページのみ(トップページのみ)のチラシのようなホームページを一般的にはLPと呼んでいます。

1ページのみなので制作費はHP(ホームページ)に比べれば確かに非常に安く作成することができます。
また、制作期間をHPに比べて非常に早く、業者によっては2~3日で納品してくれます。

たまに見かけるかと思いますが、縦に長く情報が埋め込まれており、1ページで完結しているサイトがLPでして、アフィリエイトやエステの体験入会などで良く使われております。

LPの使い方を間違えてしまうと、大損してしまったり、まったく集客が出来なかったりしてしまいます。
ですので、LPを活用する場合にはしっかりとしたノウハウが必要となります。

LPは本来まったく集客が出来ないサイトです

LPで簡単に集客をしようと考えている方は、一度、冷静に考えなおしてください。

まず、よく考えてください。1ページだけのペラペラのサイトに人は集まってくるでしょうか?
また、そんなサイトが上位に表示されると思いますか?

答えは、当たり前ですが何もしなければ一生、人に見られることはありません。
「でも、知り合いはLPで集客している。」という方もいるかもしれません。それはしっかりとした集客戦略があるからなんです。

LPは、単体ではまったく無意味のサイトです。
スタンダードな方法としては、LPをリスティング広告で検索に表示させる方法です。
リスティング広告とは、1クリック〇〇円というクリック単価方式のネット広告です。GoogleやYahoo!で検索した際に、最初に「広告」と緑色などで表示されている検索結果がリスティング広告になります。

つまり、広告費をGoogle等に支払うことで強制的に表示をさせてアクセスを稼ぐ方法となります。
もちろん毎月、広告費が掛かりますので、適当な広告配信をしていると月に100万円も広告費で掛かってしまったなんてことになりかねません。
ですが、しっかりとしたノウハウを持って活用すれば圧倒的な低コストで集客を実現することも可能です。

LPとは結局、ホームページの
コンテンツページのことです

LPというものをHPとは別だと思っている方が非常に多くいらっしゃいます。
ですが、正確にはLPというものは、つまりはHP(ホームページ)のコンテンツページのことなのです。
ホームページのサービスを紹介、販売しているページはLPと同じものになります。つまりはHPを作れば必然的にLPページも作られます。

ですので、本来はあえてLPを作るというのは無駄な話なのです。
HPを作り、コンテンツページにリスティング広告を仕掛ければ、LP+リスティング広告とほぼ同じ結果が得られます。

そう考えればLP+リスティング広告というものが無駄なように感じてしまうと思います。

一生、広告費を払い続ける必要のあるLPと自然検索で集客を実現できるHPでは、長期的に考えてどちらがコストパフォーマンスが高いか一目瞭然です。
どちらが集客に優れているかを考えても特定キーワードでの広告集客と数多のキーワードで集客が可能なHPでは圧倒的にHPが集客に優れております。

LPは無駄ってこと?

今までの内容を踏まえ、LPは無駄でしかないのかと言えば、そうではありません。

LPにもしっかりとした使い方があるのです。
例えば、「HPを作って商売が成り立つか」「実際このサービスで集客は出来るのか」「どのくらいのユーザーが興味関心があるのか」などマーケティングを行う際にとても有効活用できます。

HPをいきなり作っても顧客がいなければ、それこそ無駄になってしまいます。
そんな時に、試しにLPで広告を掛けてみて、月にどのくらい顧客がくるのかを調べたり、ターゲットキーワードで月にどのくらいアクセスがあるのかを調べるのに適しているのがLPです。

1ページのみの制作ですので、すぐに作ることができ、また広告を掛けることにより、すぐに集客が期待できます。

そして、ある程度のデータを収集したのちに、データを活かしHPを作成するということが可能です。
そうすることで、より確実なHPを作ることができます。

本来はそういった使い方が良いとされているのがLP(ランディングページ)です。

LPを活用した例

夏しか商売として需要がないと思われる「BBQセットの出張レンタル」のサービスを思いついたとします。
しかし夏のみの営業で尚且つ、どこまで需要があるかわからない・・・。そこでLPを活用することにしました。

「ご希望の場所にご希望日にBBQセットと食材を手配設置します!」というサービス内容のLPを作成します。そして「BBQセット レンタル」や「BBQ 手ぶら」などのキーワードでリスティング広告を配信します。

それも5月下旬~8月下旬までの期間限定での営業なので、それ以外の日時では広告を停止してしまいます。
期間限定のため、年中ずっとホームページが表示される必要もないため、自然検索の上位を頑張って狙う必要もありません。

【上記のような期間限定で尚且つ、期間中はすぐに必ず検索で表示がされたい。でもそこまで大きな需要があるわけではない。】そんな時にLP+リスティング広告というものが非常に効果的で相性が良いです。

さらに地域等を絞り込むことにより、非常に安価な広告費で集客を実現することが出来ます。

LPとは本来、こうした使い方が効果的だと言われております。